人妻不倫-WORLD- 石川県金沢市で不倫、刺激を求め人妻たちが出会いを求める 

石川県金沢市人妻不倫出会い掲示板

無料人妻専用サイトはこちら↓
人妻の淫らな姿が自分の目の前に!!

石川県金沢市無料人妻不倫出会い掲示板


欲求不満な毎日解消のお手伝いをする人妻専用コミュ!

石川県金沢市無料人妻不倫出会い掲示板


人妻NETは広告収入により運営されている完全無料サイト♪日頃のストレスを発散したい・・・もう一度恋がしたい・・・そんな人妻さん大募集中です★

ライブチャットこちら↓
リアルタイムに人妻と落とせるチャンス!!

石川県金沢市人妻不倫ライブチャット出会い


全国から登録している人妻さんは写真から、地域から、動画から、プロフィールからあなた好みのタイプを絞って検索する事が可能です♪

石川県金沢市人妻不倫ライブチャット出会い


無料お試しポインと付♪大人数で楽しむパーティチャット、2人きりの2ショットチャットなど、DMMで素敵な人妻さんと楽しいひと時を★

石川県金沢市人妻不倫ライブチャット出会い


今すぐ遊べる無料ポイント付で気軽に楽しめます!毎日24時間、大勢の奥様達が旦那に内緒でこっそり待機中♪

有名老舗サイト↓
じっくりと見極めたいなら絶対ココ!!

石川県金沢市人妻不倫出会い


人妻・不倫関係ならハッピーメールにお任せ!日本最大級の会員数でセキュリティ万全!安心して相手を探せます♪

石川県金沢市人妻不倫出会い


人妻出会いも多い超有名出会いコミュ★様々な機能満載で気軽にお相手探しを始めよう★

石川県金沢市人妻不倫出会い


お客様サポートセンターも完備!人気急上昇の優良コミュニティです。人妻の方も多く参加していて奥様探しに最適です!
無料人妻専用サイトはこちら↓
人妻の淫らな姿が自分の目の前に!!

石川県金沢市無料人妻不倫出会い掲示板


欲求不満な毎日解消のお手伝いをする人妻専用コミュ!

石川県金沢市無料人妻不倫出会い掲示板


人妻NETは広告収入により運営されている完全無料サイト♪日頃のストレスを発散したい・・・もう一度恋がしたい・・・そんな人妻さん大募集中です★

ライブチャットこちら↓
リアルタイムに人妻と落とせるチャンス!!

石川県金沢市人妻不倫ライブチャット出会い


全国から登録している人妻さんは写真から、地域から、動画から、プロフィールからあなた好みのタイプを絞って検索する事が可能です♪

石川県金沢市人妻不倫ライブチャット出会い


無料お試しポインと付♪大人数で楽しむパーティチャット、2人きりの2ショットチャットなど、DMMで素敵な人妻さんと楽しいひと時を★

石川県金沢市人妻不倫ライブチャット出会い


今すぐ遊べる無料ポイント付で気軽に楽しめます!毎日24時間、大勢の奥様達が旦那に内緒でこっそり待機中♪

有名老舗サイト↓
じっくりと見極めたいなら絶対ココ!!

石川県金沢市人妻不倫出会い


人妻・不倫関係ならハッピーメールにお任せ!日本最大級の会員数でセキュリティ万全!安心して相手を探せます♪

石川県金沢市人妻不倫出会い


人妻出会いも多い超有名出会いコミュ★様々な機能満載で気軽にお相手探しを始めよう★

石川県金沢市人妻不倫出会い


お客様サポートセンターも完備!人気急上昇の優良コミュニティです。人妻の方も多く参加していて奥様探しに最適です!

石川県金沢市人妻不倫体験談

隣りの奥さんはもともとカラオケが好きでお酒も好き。

とにかくアウトドアが大好きなのに、旦那さんは公務員で趣味がテレビゲーム。お酒嫌い。

出不精で、となりの奥さんは旦那が休日の時、外に遊びに行こうと旦那を誘うのにいつも苦労している。

俺の奥さんと隣りの奥さんは子育て仲間で仲がいい。

うちはよく子供をつれてピクニックなりキャンプなりを俺が計画してつれていく。

となりの奥さんは、旦那さんを「お隣りさんはいいよねーー」とけしかけ、俺がとなりの旦那さんを誘う役目を負っている。

俺の誘いで隣りの旦那は重い腰を上げるという近所付き合い。

隣りの奥さんはとにかくジーパン姿がよく似合う。

32歳だけれどポニーテールしてるので見た目が若い。

うちのかみさん・・・・・33歳。

ダサくてフットワーク重く年齢より老けて見える。

俺が積極的でアウトドア好きだからしかたなくついてきて外出する感じ。

隣りの奥さんとはすごく気があう。日帰りの家族イベントを立ていつも一緒。

そんなこんなで1年ぐらい家族ぐるみで付き合うようになって仲良くなり、冗談で「お互い結婚相手逆だったらベストだよね」と言えるような間柄になっていた。

そこから男女の発展まではなかったし、あるとも思っていなかった。

この前、となりの奥さんが旦那と喧嘩してうちに来た。

テレビゲームに夢中な旦那に頭にきて、電気コードをぶち切って喧嘩になったらしい。

大笑いだ。

俺のカミさんに愚痴をこぼしに来たらしいのだが、カミさんと子供は実家に帰っていた。

となりの奥さんは俺一人だと思わず来たみたいで、気をつかって早急に帰ろうとした。

「子供さんは?」と聞くと、「旦那がスーパー銭湯に連れて行った」との返事。

居心地悪い気の弱い旦那は逃げたのだ。

俺は財布をとりとなりの奥さんに「飲みに行こう、飲みに。一時間位歌って憂さ晴らし!!」と誘った。

奥さん、旦那に電話していた。「子供お願いねっ」ってぶち切った。

大笑いでタクシー拾い、俺の行きつけのパブへ。

ひとしきり歌って飲んで約束どおり1時間ちょっとで切り上げた。

帰りのタクシーの中、俺は1ヶ月近くカミさんとHしていなかったこともありとなりの奥さんの足と太もも・・・そしてセーター越しの胸の膨らみに視線がいき、妄想でアソコが立っていた。

股間のムズムズを抑える為つい、アソコに手をあてがった時、奥さんの視線を股間に感じて恥ずかしかった。

奥さんも知らないふりしているように言葉数が少なくなって、タクシーを降りた。

お隣さんは電気がついていない。奥さんが携帯で電話したところ、旦那さん子供つれて旦那の実家に行っているとのこと。

「逃げたみたい。帰りづらいのかも(笑)」と奥さん。

俺、「それならうちもいないし(笑)うちで飲みまない?」と誘った。

断られるだろうと想像しての社交辞令的誘いだったが、奥さんはちょっと間を置いて「ちょっと飲みましょうか(笑)」という返事。

ちょっと緊張気味の2人。

いつもはそこにお互いの配偶者とうるさい子供が走りまわっている空間に、いまは2人だけ。

旦那の話をとめどなくする奥さん。

対面に座って話をしていたが、氷を準備しに台所へ向かい戻って来たときに俺はあえてソファーに座っている奥さんの隣に腰をかけた。

違和感なかった。

それからは奥さんの話はほとんど耳にはいってこなかった。

俺は奥さんの胸の膨らみ、脚、ウエスト・・そんなところに目をやって話を聞いていなかった。

かろうじて打つ相槌もだんだん的外れになってきたのを奥さんも感じてきていたみたいで、雰囲気が急に静かになった。

それを元に戻そうと俺が酒を作った。

奥さんは「私がやる。ごめんなさい。自分の話に夢中になって」というやりとりから俺は少々冒険に出た。

旦那さんの話から、もし俺が旦那だったらという仮定の話をだし少しづつ攻めた。奥さんも乗ってきた。

うちのカミさんの悪口にならないように、自然に「うちはうまくいってるけど、もうすこし性格や価値観が一致しないかなぁ〜〜ってことはある」と切り出し、それは奥さんと旦那の性格、価値観が一致してないことを十分理解
したうえでの切りだしだった。

話がすっかり意気投合。二人だけの秘密に持ち込む雰囲気は十分なのを感じて俺は奥さんとの座る距離を極端に縮めた。

奥さんはちょっと困惑な感じだったが、さんざん二人の時間を過ごしてきたので拒否は出来ない感じだった。

股間のもぞもぞ・・・雰囲気・・・それは奥さんもわかってくれている感じだった。いける!

俺は飲むのをやめ奥さんの顔を見た。視線が奥さんのプッっとした小ぶりの胸の膨らみへ。

その視線を十分気づいてくれていてなお「そろそろ帰ります」の言葉がないということは・・と勝手に解釈。

俺を目を閉じ奥さんの手をとってみた。指をからめてみた。

顔を近づけると奥さん動かない。思い切って唇を合わせる。

あとは手を腰に回す・・。そこで拒否がないのだ。

ずっとながめてきた胸のふくらみをセーターの上から手を当てた。

ブラジャーの感覚・・・実際は奥さん・・もっと胸が小さいのだろう。

巨乳好きだったはずなのに・・実際の胸の小ささに逆に興奮。

セーターの裾から夢中で手をいれ・・直に胸の膨らみをとらえ・・乳首をとらえた。

ここまで来て拒否されたり・・「なにするの!」と怒られることをまだ心配していたが、両胸のふくらみと乳首を感じてからはやっと安心。

ブラジャーをよけ胸をもみつつキス・・首筋・・。

奥さんの手を思い切って股間に導いて俺の勃起を感じさせ「ファスナーをおろして」というと、奥さん素直にファスナーをおろしてくれた。

トランクスから一物ととりだして直に触ってもらう。

おれも奥さんのズボンのボタンをはずし・・リボンのついた薄いピンクのパンティーを露出させたときには興奮も絶頂。

奥さんは「いや・・はずかしい・・」と俺を奮い立たせる声をあげている。

ソファーにゆっくり体を寝そべらせておれは奥さんの上にのった。

「ずいぶん前から予感してたんだけど」と一言奥さんに言って、奥さんのパンティーを下ろした。

アソコの毛が視界に入った時・・奥さんとHしするんだ・・・という実感を初めて冷静に感じた。

俺は奥さんのお尻が見たくなり・・正常位でする前に奥さんをうつぶせにした。

すっかり大きくなったチンチンを奥さんのお尻に這わせた・・・

腰を引きお尻越しの奥さんのアソコの膨らみを楽しむ余裕も出てきた。

すぐには注入せず奥さんは背後から抱きしめ・・本当に小さい胸をずっと揉んだ。

「胸小さいでしょ・・・」この言葉が俺の巨乳至上主義を砕いた。

「でもすごく感じますよ・・・かわいい。」と気分を盛り上げからみあった。

奥さんのアソコは想像通り。おれの奥さんとは興奮度が違う。

正常位から奥さんを強く抱きしめ挿入・・・・

奥さんの声がカミさんとは偉い違いに可愛く・・・

無理に声を殺すことなくすなおに「あ。。。あ。。。もっと・・・」と出してくれる。

俺は奥さんのパンティーを探して目に焼き付けた。

奥さんは恥ずかしがっていたが・・

俺は調子にのって奥さんのパンティーの匂いをかいで・・

「実は・・・ベランダの洗濯物みて興奮してたことがある」と言った。

それは言わないほうがよかった。反応があまりよくなかった。

これは本当に言わない方がよかった・・・・・・・・・。

終わったあとお互い口止めの約束をすることなく自然に別れた。

「洗濯物を見て・・・・」これさえなければパーフェクト・・



-BESTHIT-HPNAVI-
■システムのご販売■