ゲイトップ体験談
高校時代

お勧めゲイ出会い交流場

お試し無料登録
最新トレンドを多数盛りこみ、大好評の恋活場★今こそときめき恋活はじめよう♪


お試し無料登録
男同士の出会い交流♪堅牢セキュリティ、フリーメールOK、無料P付きで気軽に始められます★


お試し無料登録
友活・エロ活なんでもOKで大好評のゲイ専用交流場です♪活動率NO.1!!

無料出会いのチャンス

恋活キャンペーン
計28000円分無料ポイントでたっぷり無料恋活♪素敵な恋をはじめよう!

ゲイ体験談:高校時代

今から7年も前の話。

友達の竜哉は、僕と話題がよく合うのもあって、仲の良い、高校生になって出来た最初の親友だった。 体操部だから、体はムキムキで、身長も170くらいあって、僕より約10cmも高い。

僕は中学も部活をやってなかったから、身長も162で細身。コッチの言葉を使えば、スリムだろうか?そんなやつだった。

竜哉とカラオケに行き、楽しんだ後、帰ろうとした僕に竜哉は、

「ツカサ、今度の土曜日、暇だから泊まりに来い。」

と言った。竜哉はいつも命令口調なんだ(笑)

まぁ僕も暇だからって理由で、竜哉の家に泊まりに行った。

竜哉の家に行き、荷物をおいて、近くのゲーセンやカラオケを楽しんだ僕らは、竜哉の家に帰ってもゲームをしたり、CDを聴いたりした。

夕飯を済ませ、風呂も済ませ、夜の事だ。

「ツカサはホント、髪サラサラだな!」

竜哉はだいぶ乾いた僕の髪を触って来た。 学校でも休み時間に結構髪を触って来る竜哉。 僕は別に何も思わず触らせてテレビを見ていた。

「俺もこんな風になりてえな。ってかツカサ、女みたいだしな(笑)」

童顔で髪がサラサラな僕は、女みたいとか言われるのが当時は嫌で、ムッとした。

「竜哉みたいな筋肉バカが髪サラサラだったらキモいから(笑)」

その言葉に竜哉もムッとしたのか、

「何だと!」

と軽くにらんできた。

それがうちらにとっては普通だった。

深夜1時過ぎになり、お互い寝る事にした。

竜哉の部屋は狭い。

布団が1枚敷けるぐらいだ。

竜哉はベッドで、僕は布団で寝る(客なのに)。

「今日はオナニー出来ないな〜」

毎晩抜かないと寝れないらしい竜哉。

知るか(笑)って言って目をつぶり、そのまま僕は寝てしまったようだ。

夜中、髪に違和感を覚え、ふと目が覚めると、

なぜか竜哉が隣にいて、僕の髪を触っていた。

「・・・何してるの?」

竜哉はしばらく僕を見て、

「ナニしてる(笑)」

と言った。 豆電球で薄暗い部屋。 隣の竜哉の体の下半身の方を見ると、 ギンギンの竜哉のチンポがあった。

「なっ…ナニしてんのかよっ!!」

一気に目が覚めて、僕は布団から起き上がった。

「ツカサの髪、サラサラだし、女を想像させるから、つい…」

「いや、おまっ、バカかっ!?」

竜哉はしっかりギンギンだ。まだ握ったままだ。

「ツカサ、一度で良いからしゃぶってくれ!!お願いだ!!」

ノンケだった僕は、男が男のチンポをしゃぶるなんて、想像出来なかった。

「はぁ〜!?おまっ、何言ってんだ!?頭おかしくなった?」

「ツカサが好きなんだよ!!」

・・・僕は固まった。

人生初の告白は男からだった。

「マジ?」 「マジ。お前が可愛くて好きなんだ。」 「けど、俺、男と恋愛なんてな〜…」 「無理なのは分かってる。でもツカサが好きなんだ。あきらめきれない。だから一度だけしゃぶってほしい。」

あまりに真面目に言うから、ドキっとした。

「っても俺、やり方分からないし…」

なぜかやる気な僕がいた(笑)

「大丈夫、ツカサは舌を出して、歯を立てないように口、気をつけてくれたら。」

すると竜哉は僕の口にチンポを近付けてきた。

(こんなデカいのが口に入るんか!?)

独特な匂いが漂いつつ、竜哉のチンポが僕の口に入ってきた。

他人のチンポなんて、見たことなかったし、ましてやAVくらいでしか、チンポをしゃぶるなんて見たことなかった僕が、

親友のチンポを今、しゃぶっている…。

竜哉は腰を動かし、僕は舌をチンポにあて、唇をすぼめて歯があたらないようにしている…。

「ツカサ、やべぇ気持ちぃ…」

なんで僕、親友のチンポしゃぶってるんだ?

今思うと、僕も男に興味が沸いてしまっていたのかもしれない。

竜哉が僕の顔を見る。 僕も竜哉の顔を見る。

「やべぇっ、すげぇっ、エロい!」

竜哉がそう言うから、僕も竜哉の顔を歪ませたくて、少し吸ったりもした。

「うっ、やべぇっ、ツカサっ、あぁっ」

竜哉の腰使いと息が荒く激しくなる。

「ツカサっ、イキそうっ!」

竜哉が天井を見ながら腰を振る。 僕もなぜか目をつぶっている。

「あぁやべぇっ、あぁイクッ!イクッ!!イクッ!!」

すると竜哉は口からチンポを抜き…外に出そうとしたんだろう…。 けど間に合わなくて、僕の顔や口に射精していた…(笑) 竜哉は息切れしながらも、慌ててティッシュを探していた。

目をつぶっていたから目には入らなかったが、鼻頭や右頬や口周りは、竜哉の精子でベットリしていたようで、竜哉は拭うのが大変そうだった。 僕は口に入った精子は、ティッシュに出し、舌をきれいにティッシュで拭いた(笑)

「ツカサ、ごめんな。でも気持ち良かった。」

って僕を抱き締める竜哉。 チンポはまだギンギンだった(笑)

「竜哉、俺、竜哉に好きって言われて嬉しかったよ。」

「じゃあ付き合ってくれるのか!?」

「いや、それは出来ない。でもこれからも友達でいてほしいな。」

「やっぱしか〜凹でもありがとう!気持ち良かったよ(笑)」

竜哉はそれから服を着て、朝まで僕と同じ布団で寝た。 起きたら竜哉はまた僕の髪を触っていた。

「…おはよぅ…また触ってるよ。」

「おはよう。ツカサ、可愛いな〜♪」

寝ぼけた僕の頬にキスしてきた。

「うわっ、最悪な目覚めだ(笑)」

「んだとコラ!!」

竜哉と僕は、また親友になっていた。 その泊まり以来、竜哉は僕と一緒に遊んだり勉強する機会が増えた。 試験前は特に、放課後一緒に勉強したりした。

ゲイ掲示板メニュー


ゲイ体験談掲示板



ゲイサイト宣伝掲示板



ゲイ恋愛体験談掲示板



ゲイ雑談掲示板

ゲイ体験談・読み物

中学生の時:ゲイ体験談

バイトの美青年:ゲイ体験談

オナニーだけのはずが:ゲイ体験談

デカマラを食う:ゲイ体験談

3Pで雄種塗れ:ゲイ体験談

我慢できず:ゲイ体験談

エロ医者:ゲイ体験談

極太ペニス:ゲイ体験談

ハッテン場でギャル男と:ゲイ体験談

ノンケと思ってたら:ゲイ体験談

サッカー部室:ゲイ体験談

24時間営業の銭湯:ゲイ体験談

初めての発展場:ゲイ体験談

ロイヤルで:ゲイ体験談

オッサン会社員:ゲイ体験談

公園の真ん中で:ゲイ体験談

高校時代:ゲイ体験談

ご主人様と買い物:ゲイ体験談

褌親父に:ゲイ体験談

初勃起薬:ゲイ体験談

幸せ体験:ゲイ体験談

タイプな人:ゲイ体験談

上野特選劇場:ゲイ体験談

ゲイナイト:ゲイ体験談

AVまがいのSM:ゲイ体験談

イケメンのデカマラ:ゲイ体験談

エロくキメる:ゲイ体験談

発展公園へ!:ゲイ体験談

下着女装で:ゲイ体験談

スパ銭で:ゲイ体験談

アヘ顔:ゲイ体験談

おじさんと乱交:ゲイ体験談

独身サラリーマンです:ゲイ体験談

市民プールで大学生と:ゲイ体験談

健康センターでイカされる:ゲイ体験談

高校時代の思い出:ゲイ体験談

おじさんのモノを口の中へ:ゲイ体験談

映画館で痴漢にあって:ゲイ体験談

ケツマン野郎が集まる発展場:ゲイ体験談

女装して熱い精液を頂きました:ゲイ体験談

俺の自慢のデカマラ:ゲイ体験談

ケツマン初体験:ゲイ体験談

ハッテン公園で性処理道具みたいに扱われ:ゲイ体験談

体育会系との乱交パーティー:ゲイ体験談

新宿ハッテン場で生掘り:ゲイ体験談
       

ゲイランキング

ランキング全表示
「http://hp.best-hit.tv/?id=gaytop」へリンクすることでランキング参加ができます アクセスランキング


-BESTHIT-HPNAVI-
■システムのご販売■