ビジネスパートナー

資金繰りを改善するためにはどのような方法があるのでしょうか?
ビジネスを行っている経営者にとって、自己資金だけで事業を成長させることができるのが理想ですが、実際問題なかなか理想通りに物事が運ぶことはありません。
法人・個人事業主の方で必要経費の支払い等で資金繰りに苦労している方も多いのではないでしょうか?
そんな時、速やかに資金調達ができれば、経営していく上でお金の負担を減らすことができるので安定して事業を行っていくことが可能になります。

もし、事業主の方でキャッシュフローでお悩みの時はビジネスローンの活用をおすすめします。
様々な資金調達方法として利用できる金融機関がありますが、今回こちらのWEBページでおすすめしているのが法人・個人事業主が利用できるビジネスローンを提供しているビジネスパートナーです。
金融機関からの借入で失敗しないように素早く事業資金を調達するには、担保・保証人は必要かなど利用条件を知っておくことはもちろん、口コミ・評判も知っておくと安心して申し込みをすることができます。
当サイトでは申し込み〜融資までの流れや口コミ・評判までを詳しく紹介していますので、ぜひ参考にして申し込みをする時に役立ててください。

ビジネスパートナー申込・借入条件

申込HP 準備中
種類 スモールビジネスローン
実質年率 9.98%〜18.0%
限度額 50万円〜500万円まで
返済方式 入時残高スライド元金定額リボルビング返済
融資実行 最短数日で融資可能
その他 詳細はビジネスパートナーHPで確認

◆必要書類

  • 【法人】
    代表者の本人確認書類、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)、印鑑証明書(法人・個人のもの)
    ※発行後3ヶ月以内のもの
  • 【個人事業主】
    事業主本人確認書類、印鑑証明書(個人のもの)発行後3ヶ月以内、確定申告書(原則 直近2年分)、ビジネスパートナー所定の借入計画書 等

申し込む前に書類を準備をしておくことをおすすめします。
※契約締結費用として印紙代(実費)が必要となります。

◆申込方法

  • ビジネスパートナーホームページ(パソコン・スマートフォン・携帯電話)
  • 電話
  • FAX
  • 店頭

上記のいずれかの方法を利用しての申し込みとなります。
都合に合わせて、一番向いている申し込み方法を選択しましょう。

◆お申し込みいただける方

  • 満20歳〜満69歳までの法人、個人事業主でビジネスパートナー基準を満たすお客さま
  • 担保不要
  • 保証人、原則不要
    ※ただし、法人の場合は代表者様に原則、連帯保証をお願いします

経営状態に合わせた資金調達をすることがとても重要となります。上記の適用条件を満たす方は、申し込みが可能です。

◆WEBで申込み

  • パソコン・スマートフォン

原則来店不要、郵送で全ての手続きを完了することができます。

★インターネットからのお申込みからお借入まで

開始までのながれが一目で確認できます。
特にはじめての方は、申し込みから借入までがどのようになっているか分からず不安になることもあるかと思います。基本的な流れを紹介していますので参考にしてください。

  1. ビジネスパートナーのホームページの申込画面から申込み
    パソコン・スマートフォン・携帯電話を利用して「お申込みはこちら」にアクセスをして、「ビジネスパートナーメンバーズカード取扱規約」「個人情報取扱条項」「書面交付に関する承諾事項」をよく読み、同意項目にチェックを入れて、「同意してビジネスローンお申込みフォームへ進む」から申し込み手続きを行います。
    ※情報の入力は簡単に行えますが記入ミスがないようにしましょう。
  2. 申込審査結果の連絡
    所定の審査後に、ビジネスパートナーの担当スタッフが登録したメールまたは電話に連絡します。
    ※審査は早くても翌日の連絡となります。
  3. 本人確認書類の提出
    必要書類をお揃えの上、ご持参頂くか、メール・FAX・郵送で提出できます。
  4. ご利用開始
    契約内容の確認の後、契約となります。
    セブン銀行(カード発行の方)ATMで借り入れ、または指定の銀行口座へ振り込み。
  5. 返済
    毎月一定の金額を返済。

以上がビジネスパートナー(スモールビジネスローン)の借入までの簡単な流れとなります。

Point1 どんなメリットがある?

事業に合わせて「便利な使い方」を見つけてみてください。「資金調達の方法」として、おすすめできる理由は次の通りです。

どんな会社?
ビジネスパートナーは全国どこからでも申し込みができる法人・個人事業主を対象に資金を提供しているビジネスローンの会社になります。
銀行とは違いノンバンクを使った事業資金となりますので、素早く資金調達をしたい人にはおすすめです。
また、調達した資金は、事業性資金に利用であれば何にでも利用することができます。
申し込みの対象となるのは法人だけでなく個人事業主でも借入ができ専用のローンカードを発行すると便利に利用することができます。もし、何かわからない事がありましたら、電話で質問するとすぐに丁寧な対応で返答してくれます。
会社の設立は1999年と比較的最近になりますが東証一部に上場している光通信のグループ会社となりますので安心して利用ができるのではないでしょうか。
ビジネスパートナーの申し込みはインターネットを利用することで来店不要、申し込み〜契約まで郵送で手続きが可能となります。審査スピードも速く最短で申し込んでから翌日に審査結果が分かるので、すぐにでも融資をして貰いたい経営者にとても助かります。
どうしても対面で契約をしたいと思っている方は、各主要都市に支店がありますので、そちらで契約をすることもできます。
ビジネスパートナーの利用をして、しっかりとした事業目標を考え計画を立てることで成長へとつながっていくことでしょう。
※目先のお金だけに惑わされてはいけません。事業資金はどのくらい必要なのか、不足金はいくらなのかを明確にしておきましょう。
ローンカード
『便利に使える』
ビジネスパートナーでは審査に通過後、銀行振り込みでの融資も可能ですが、ローンカードを発行しておくと全国のセブン銀行ATMで、限度額の範囲内ならいつでも借り入れができますし、セブン銀行ATMで返済も可能となりますので利便性がさらにアップします。これならすぐにでもお金が必要となったときでもカードを持っていると安心ですね。
※年会費・カード発行料は無料です。
個人事業主や中小零細企業の経営者にとって、などまとまっと資金が必要な時に銀行融資の選択もありますが、融資までのスピードが速いので緊急の資金繰りが必要な時に助かるのがビジネスパートナーのカードローンです。
一般のカードローンのように利用枠の範囲で利用したいときに何度でも自由に借入ができて使い勝手も抜群なので、いざというときのために “とりあえず” 1枚カードを持っておくと困ったときに大活躍となります。
カード利用の場合、メンテナンス時を除き全国のセブン銀行ATMで、365日24時間利用できるのでかなり利便性がアップするのではないでしょうか。
※ローンカードが郵送で届くまでは数日かかります。
もし、ビジネスパートナーのメンバーズカードを紛失した場合、再発行には別途再発行手数料として1,080円が必要になります。

審査基準も独自となっていますし、手続きも簡単とだけあって資金の調達に非常に便利です。いざという時、すぐに相談できるノンバンク系の金融機関と取引実績を持っておくと困った時に助かるはずです。

ビジネスパートナーの口コミ、評判

会社がどういう会社なのか、などがとても気になります。
書かれている評判を全て鵜呑みにするかどうかとなるとそこは100%とまでは行きませんが、口コミ、評判は申し込みをするかどうかを判断するのに役立ちます。

50代・女性

予想はしてましたが銀行がかなり厳しい審査のため、スモールビジネスローンに申し込みました。オペレーターの印象がとても良く、ちょっとした設備投資に借りたお金を使えそうなので助かります。

40代・男性

自営業をしています。とにかく小さい金額でもよかったので、このをビジネスローンをチョイス。カードが提携しているところが少ないのは残念ですが、それ以外は十分満足しています。

30代・男性

ネット申し込みは不安でしたが、トラブルは起きていません。申し込んでよかったです。ありがとうございました。ただ全体的に金利が高いと感じます。

◆資金調達に関する悩みは、非常に多く聞かれます。経営者の方は申し込みをする前に多くの利用者の声を参考にして、検討中のビジネスローンについて理解をきちんと深めておくべきでしょう。

審査通過に不安がある

困ったら無料診断!まずは診断体験!
ビジネスパートナーの公式サイトでは、「ビジネスローン 1秒診断」というものがあります。

これは、「事業形態」「業歴」「代表者年齢」の3項目を入力するだけで、融資可能かどうかの簡単な判定ができます。項目入力後、診断するをクリックして、「ご融資可能と思われます。」と結果が表示されると借入ができる確率が高いと思われますので、実際に申し込みを行う時の参考となりますので、興味がある方はまずは試してみるといいでしょう。
※無料診断は仮の審査結果であり、実際の審査結果と異なることもあります。

一番審査に重要視されるのは、ビジネスとしてしっかりと経営ができているか?ではないでしょうか

増額

せっかく審査に通過できたのに、限度額が低かったらたいした事業資金に活用することができません。
契約した限度額で物足らなくなった時は追加の融資も可能になります。
追加の融資は10万円から可能でマイページから申し込みをすることができます。

  • ビジネスパートナーのスモールビジネスローンの増額の申し込み方法
    マイページから可能。

審査に通ることで限度額を引き上げることも可能ですが、必ず毎月の支払いに遅れないようにして返済実績を重ねてから申し込むようにしましょう。
また、すぐにでも限度額を引き上げたい事業主も多いでしょうが、審査には時間が掛かる場合もありますので追加の融資に申し込む場合は時間に余裕を持って申し込みましょう。

※審査の結果、希望の額よりも少ない金額になる可能性があるだけでなく、増額自体が不可の場合もあります。

スモールビジネスローン 返済例

支払回数支払利息支払総額
1回目24,65764,657
10回目20,21960,219
30回目10,35650,356
50回目49340,493
総額628,7432,628,743
返済について
  • 元金200万円 実質年率15.0%の場合の返済例
支払回数支払利息支払総額
1回目13,31533,315
10回目10,65230,652
30回目4,73724,734
50回目29520,295
総額306,2251,206,225
返済について
  • 元金90万円 実質年率18.0%の場合の返済例

上記の返済例を参考にして借入計画をしっかりと立て無理がないように、スモールビジネスローンを利用していきましょう。

※借入時残高スライド元金定額リボルビング返済となります。

返済方法は毎月(約定返済日は、毎月15日と月末から選択)ビジネスパートナーが指定する銀行口座へ振り込み・提携ATMから返済をする方法となります。
※返済時にかかる手数料は自己負担となります。
お金を借りるのにいろいろ事情があるかと思いますが、効果的にビジネスパートナーのメリットを最大限に活かす方法は、できるだけ短期間で返済できる金額で利用することです。

返済シミュレーション

返済シミュレーションは公式HPには用意されていませんので、上記のスモールビジネスローン 返済例を参考にしてください。

※返済が遅れそうな時は返済トラブルにならないように、ビジネスパートナーまで必ず連絡をしましょう。

Point2 どんなデメリットがある?

老若男女を問わず、事業主には「資金繰り」は永遠のテーマだと思います。
何となく、申し込みをするのではなく申し込みを検討しているローンのデメリットもチェックしてみることで納得した申し込みができるのではないでしょうか。

マイナスポイント
スモールビジネスローンに申し込むのには、原則直近2期分の決算書が必要となることから事業を始めたばかりの歴史が浅い事業主には厳しい条件となります。
また、銀行と比べると早いのですが融資実行まで数日掛かりますので、どうしても当日の借入をしたい事業主の方には向いていません。
法人の場合は連帯保証が必要。
経営者が融資を受ける際には、ほとんどの場合、会社の代表者が保証人になることを求められます。
重い責任を背負うことになりますので、申し込む際にはきちんと認識しておく必要があるでしょう。
金利設定
借金をする時に、金利が低ければ低いほど払う利息は少なくなりますから、金利は非常に重要となります。
スモールビジネスローンの金利を見てみると、実質年率が9.98%〜18.0%となっています。これはビジネスローンの中では高めと言えますので、利用するのなら利息の事を考えるとできるだけすぐに返済することを心掛けておく必要があります。
金利を低く押さえたいと思っている方は、審査は厳しくなりますが銀行から借入をおすすめします。
限度額
限度額はあくまで審査によって決定されますが、500万円までとビジネスローンとしてはかなり低めの限度額となっています。
ちょっとした資金不足の解消には役立てることができますが、大きな金額を事業資金に利用したい経営者の方には物足りない限度額となるでしょう。
そんなにお金が必要ない事業主の方には、利便性がいいので十分満足した借入ができるでしょう。
提出書類が多い
圧倒的な利用しやすさは魅力ですが、個人の方が利用する定番のフリーローンと比べると用意する書類は多くなります。しっかりとサポートするからこそ必要な書類なので、申し込みを行う前に準備しておきましょう。
なお、提出された書類は返却されません。

失敗をしないためには、便利さの陰に潜むリスクも理解して利息や融資条件をしっかりチェックすることが重要です。

◆ビジネスパートナー 総評

事業を運営している方にとって資金繰りの悪化は経営者にとって死活問題です。もしも、資金ショートを起こすと最悪、会社は倒産してしまいます。
ですので、資金繰りについて考えることは非常に重要です。そんな困ったときに経営者ががとるべき対策としての一つがノンバンク系のビジネスローンの利用です。

法人・個人事業主問わず、資金繰りを改善し経営に集中するために多くの事業主がローンを活用しています。

法人よりも個人事業主の方が資金を調達するのは難しいのは事実ですが、今回こちらおページで紹介したビジネスパートナーはそれほど限度額は大きくありませんが、申し込んでからの対応スピードが比較的はやく、金融機関まで足を運ぶ必要がないので手軽なので、ちょっとした借入に利用するのなら個人事業主の方に、おすすめのカードローンと言えます。
もし、多くの資金を調達したいのであれば、会社の業績が良いタイミングに申し込む、自己資金を増やしてから申し込む、あるいは他社に申し込むなどの工夫が必要ではないでしょうか。

今回の内容を参考に事業資金が必要な経営者の方はビジネスパートナーのスモールビジネスローンを利用してみてください。

儲かっていても資金繰りに苦しむ会社は、たくさん存在しております。ビジネスローンを利用したことで、今後、事業が順調に軌道に乗りキャッシュフローが改善し健全な会社になればいいですね。

以上となります。上手に使い続けることで、資金繰りの問題を回避することができるでしょう。

INFORMATION

08/08
審査内容につきましてはお答え致しかねます。予めご了承下さい。
08/08
貸付条件の確認を忘れずに。借り過ぎに注意しましょう。

個人の方はこちらがおすすめ

大手消費者金融実質年利
アイフル4.5%〜18.0%
アコム3.0%〜18.0%
プロミス4.5%〜17.8%
SMBCモビット3.0%〜18.0%
ポイント
  • 幅広い層に支持されているので安心感がある。
  • 借入や返済などの利便性を重視するなら、大手消費者金融の方が適しているといえます。
ページのトップへ戻る

-BESTHIT-HPNAVI-
■システムのご販売■