銀行のカードローン

多くの方は、カードローンを選ぶときにポイントとなるのは金利ではないでしょうか。
お金を借りるのなら低い金利水準で、最大限度額も高く、高額な借り入れに最適な銀行のカードローンがおすすめです。
また、高スペックなので他社からの借り換えローンや使い道が自由なので、おまとめローンとしても最適なローンと言えるでしょう。

気のなる申込み方法ですが、直接店舗に来店する必要もなく日本全国どこからでも、インターネットから外出不要で24時間、申し込み手続きが可能となります。

今では、ネットが普及したことで店舗に足を運ばずに、パソコン・スマホから手軽に申し込みができるのが嬉しいですね。

ですが、銀行カードローンって、国内にたくさんあるので、結局どこがおすすめなのか分かりにくいですよね?
そんな時、各銀行から提供されていカードローンの中でどこ申し込もうか迷っている方・はじめてで不安な方は、各銀行それぞれ特徴や商品の利用条件が異なってきますのでこちらのページでは審査情報・限度額・金利などをしっかり比較して銀行でお金を借りる時の参考にしてみてください。

当サイトを利用することで、金欠の状況を乗り切る手助けになれれば幸いです。

金利・審査・限度額

金利・限度額などのスペックを比較するだけでなく、返済方法も十分に理解して上手に銀行カードローンを活用していきましょう。
きっとあなたにピッタリな銀行のカードローンが見つかります!

※審査も不安…そんなときはシミュレーションツールが用意されている場合があるので、申し込みの前に仮診断をして活用してみましょう。

メガバンクのカードローン比較

名称金利全国対応
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック1.800%〜14.600%
三井住友銀行カードローン4.000%〜14.500%
みずほ銀行カードローン2.000%〜14.000%
Webで解決カンタン申込
  • 業界トップクラスの銀行
  • 社会的信用も高く安心!

ご存知の方も多いと思いますが、メガバンクは金融事業を中心とする国内最大規模の銀行です。カードローン・サービスの情報などについて紹介しています。
「安定」のイメージが根強いメガバンク各社の特徴と理解を深め、カードローンを利用する時に役立ててください。

低金利、高限度額、サービスが充実、利便性が高いなどメリットがいっぱいです。

メガバンク
みずほ銀行カードローン
大手メガバンクのみずほ銀行が展開しているカードローンは、限度額も高くしかも、低金利で利用できるのが特徴です。知名度の高さからも安心感もありますよね。カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座が必要となります。
近くに支店もなく店舗まで来店することができない場合は、インターネットを利用してローンの申し込みと同時に口座を作る事ができます。
もしもの事を考えて事前に備えとして・・・みずほ銀行のカードローンを作っておくのもいいですね。
「ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。」

地方銀行のカードローン比較

名称金利全国対応
静岡銀行カードローンセレカ4.0%〜14.5%
安心丁寧・親身にサポート
  • 大口の資金を調達に利用可能
  • 各都道府県にある地元の銀行

アナタが住んでいる地域経済の活性化に努めている、重要な役割を担う地銀が取り扱う各種カードローンについてご案内します。
地銀のカードローンも、金利・限度額などのスペックも良く、カードを使えば最寄りのATMからお金を引き出せるため、利便性も良いので審査に通過すれば満足してお金を借りることができます。

生活環境がある街で、地域になくてはならない地元の銀行カードローンに申し込みをしてみませんか?

地方銀行
静岡銀行カードローンセレカ
地域密着型で安心・安全な静岡銀行が発行する全国から申し込みができるカードローンです。近くに静岡銀行のATMがなくても全国のセブンイレブンや提携金融機関のATMで借り入れ・返済可能なので不便に感じることもありません。静岡県の地銀・信金で、『消費者ローンシェア』・『預金シェア』・『店舗数』でNO.1!!
少額の返済でもOK・今年の定番カードローン!!
※口座を開設する必要がありますが、セレカを利用したい方で静岡銀行に口座がない方でも初回のみ他行への振り込みキャッシングが可能となっています。

ネット銀行のカードローン比較

名称金利全国対応
楽天銀行スーパーローン1.9%〜14.5%
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング2.5%〜18%
住信SBIネット銀行 MR.カードローン2.0%〜14.0%
365日24時間・WEB申し込み可
  • 各社の条件を一覧で分析
  • 普通も定期預金も好金利

実店舗が無く申し込みはWEB申し込みのみとなりますが、低金利、高限度額の2つを兼ね備えたハイスペックなとても魅力あるカードローンとなっています。
審査に通過した後の、利用もコンビニなど提携ATMも豊富で便利にお金を引き出すことができるので、初めての方でも無理なくキャッシングができます。

提携ATMが多く利用しやすい点や、ネットからの手続きが簡単といった利点があるのでおすすめです。

ネット銀行
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座がなくても利用ができます!パソコンやスマホ・携帯電話で、24時間いつでもどこでも申し込みができ、ほとんどのコンビニのATMで借り入れや返済が可能です。全国のコンビニや身近な金融機関の提携CD・ATMで借り入れ、返済OKですからイザという時でも使い易いのでオススメです。また、申し込みはネットで完結できます。しかも、申し込み書への記入、捺印も不要で、面倒な書類郵送が必要なく申し込みが簡単にできます。
入会するだけで楽天スーパーポイントがプレゼントされます。
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
日本初のネットバンクで、借り入れの方法はカードレスのキャッシングになります。ネットキャッシングを利用するにはジャパンネット銀行の普通口座を持っていない場合は、口座開設を同時に申し込みをする必要があります。銀行キャッシングでも珍しい、無利息期間サービスもありますし、ネット銀行ならではのサービスや金融商品も豊富で利用者に大きな魅力となっています。
※ネットキャッシングを利用したい方でジャパンネット銀行に口座がない方でも初回のみ他行への振り込みキャッシングが可能となっています。
住信SBIネット銀行 MR.カードローン
住信SBIネット銀行のカードローンはトップクラスの低金利で魅力的です。住信SBIネット銀行が提供する「Mr.カードローン」は、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類があります。申し込み後、お客様の審査結果によって利用できるローンのコースが決まりますので、審査の基準や、借り入れまでの流れをしっかりと把握しておきましょう。
所定の条件を満たせば、ハイスペックとなる業界最低水準の金利での利用も可能になります。
※カードローンを利用するには、住信SBIネット銀行に口座を開設する必要があります。

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行のローンにもメリット・デメリットは当然あります。実際に借り入れをするときには見極めて、カードローン選びの参考にしましょう。

メリット
イメージが良く安心感はもちろん抜群ですが、銀行のカードローンは他の貸金業となる消費者金融と比べても圧倒的に金利が低くなるので返済時の利息の負担も少なくなります。また限度額も高いので、大きな買い物で大口の資金が必要になった時などとても魅力あるカードローンになっています。
好条件の貸付条件を考慮すると個人の方が「無担保・無保証人」で金融機関からお金を借りる時に、一番のおすすめとなるのが銀行のカードローンです。
借り換えで返済額軽減!
利息の返済分、損をしていませんか?
あまり考えたことはないかもしれませんが、実は現在利用しているローンの金利に不満がある…という方に、より金利が低い銀行のカードローンに借り換えると金利が低い分返済が楽になります。
支払い利息が低くなることで、総返済額も減りますのでかなり借り換えるメリットはあるのではないでしょうか。
※他にも、銀行のカードローンは、おまとめローンの商品ではありませんが限度額が高いことから複数の借り入れを一つにまとめる、おまとめローンに向いていると言えます。
近年では、銀行のカードローンも時間や場所を選ばずパソコンやスマートフォンを利用しての申し込み手続きが可能なことから、年々利便性がアップしてきています。
利用目的は問われませんので、審査に通過できれば充実したマネーライフが送れることになるでしょう。
デメリット
お金を借りる時は良い点だけでなく悪い点も知っておきたいもの。こちらで紹介しているデメリットも把握したうえで申し込むようにしてください。
利用者にとって借入条件はいいのですが、その反面、銀行はそもそも融資の審査が厳しい傾向にあり、ノンバンク系で消費者金融と呼ばれている会社のカードローンと比べると審査は厳しめといえます。
安定した収入を得る仕事につき返済能力があるか、過去の信用情報に傷がついていないかなど、厳しく審査をして上で審査に通過して借り入れができることになります。
また、地方銀行の場合、申し込みをするのに条件があり地域限定となっている場合もあります。
他にもメガバンク、地銀のカードローンを利用するのに利用したい銀行の口座を開設しないといけない場合が多く、ローンを利用するだけでわざわざ口座を開設するのは煩わしいと感じるかもしれません。
各社なるべくスムーズな審査を心掛けていますが審査には数日掛かると思っておいてください。
頼りになる銀行のカードローンは総合的に借り入れメリットの方が大きいと思いますが、便利だからといって、借金地獄にならないように借り過ぎには十分に注意する必要があります。

以上が、メリット・デメリットになります。

必要書類

あなたは知っていますか?申し込みに必要な書類を。
必要書類は、免許証などの身分証の他にも何種類か必要となる書類がある場合もありますので、スムーズに審査を行えるように申し込み先で必ず確認をして事前に準備をしておくことをおすすめします。
※もし、書類が不鮮明などの理由で確認できない場合は、 再度の提出となります。

慌てず時間に余裕を持って、審査に挑みましょう。

返済

口座開設が必要なところの返済方法は、開設した口座から自動引き落としとなる場合が多いので口座に多めに金額を入金しておきましょう。
口座開設不要のところは、登録した口座から自動引き落としや指定された口座へ振り込みで返済となります。
返済を延滞されると、延滞した元本に対して遅延損害金がかかってきますので、毎月忘れずに返済したい方は自動引き落としが一番おすすめです。

※詳しい返済方法は各利用先で確認をしておくことをおすすめします。

カードローンを利用した後は毎月、指定日に返済(約定返済・定例返済等) をしていくことになると思いますが、余裕があるときに追加で返済(臨時返済) をしていくのが賢い返済方法となります。
必要な金額だけを利用して借り過ぎに注意していけば、初めての方でも無理なく返済していけるはずです。

◆銀行のカードローン 総評

今では多くの人がカードローンを普通に利用するようになってきていますが、中でも個人が利用できる無担保ローンの中で一番条件が良いスペックとなる申し込み先となると銀行が一番となります。

安心だしローンの中でも銀行はとっても好評の申し込み先ですが、まず、申し込みを行う前にカードローンを利用する上で、自分の使用目的をはっきりさせ、返済の事も考慮しておくことが何よりも大事となります。

日本国内にはメガバンク、地方銀行、ネットバンクと様々な形態を持った銀行が存在していますが、一概には、どこの銀行のローンが一番良いと断言することはできません。それぞれに一長一短がありますので、インターネットを活用して様々な条件を照らし合わせ良し悪しを掘り下げデメリットも十分に理解した上で、ご自身の現状を考慮してトータル的に一番ご自身に合ったカードローンを利用する銀行を選ぶようにしましょう。

仕方なくカードローンを利用する人も大勢いますが、一番重要なのは知識を身につけて、しっかりと計画を立て借金で失敗をしないようにすることです。

以上となります。

INFORMATION

2018年08月26日
過剰融資のおそれがある銀行カードローンについて、国内の銀行約9割が、何らかの融資上限枠を設定したことが金融庁の調査でわかった。
2018年01月01日
銀行が取り扱うカードローンは審査厳格化に伴い、即日融資は停止となり当日に借りることはできなくなりました。

ピックアップ

大手消費者金融実質年利
アイフル4.5%〜18.0%
アコム3.0%〜18.0%
プロミス4.5%〜17.8%
SMBCモビット3.0%〜18.0%
12/14現在
  • 初めてのキャッシングでも安心
  • 金利や審査時間を簡単に比較!

インターネットで申し込みをすることができ、ちょっとした出費にとても便利。
お客さまのニーズにお応えする様々なサービスをご提供しています。

ページのトップへ戻る

-BESTHIT-HPNAVI-
■システムのご販売■